2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー

無料ブログはココログ

コミュニティバス

各自治体運営コミュニティバス中心

2018年2月26日 (月)

大和市「のろっと」経路変更(2018.-2.26)

2018年2月26日(月)、大和市コミュニティバス「のろっと」の内、北部ルートの一部を経路変更。

【詳細】
北部ルートA系統市役所方面、つきみの8丁目とつきみ野2号公園の停車順を逆順(中央林間行きと同じ回り方)に変更。

2018年2月 1日 (木)

大和市やまとんGO停留所名称変更(2018.-2.-1)

2018年2月1日(木)、大和市コミュニティバス「やまとんGO」は停留所名称変更実施。

・島忠ホームズ大和店前→「善光明」(桜ヶ丘ルート)
 ※外回りルートと同一名称に変更

※既に次の停留所も名称変更済みです。
・深見台3丁目→「深見台歯科クリニック前」(2017.10.-1実施)
・オイレス工業前→「中央林間西3丁目」(2017.11.-1実施)

2017年12月 1日 (金)

綾瀬市「かわせみ」停留所名称変更(2017.12.-1)

2017年12月1日(金)、綾瀬市コミュニティバス「かわせみ」で停留所名称変更。

保健医療センター前→「長龍寺前」(該当路線:1号車かしわ台ルート、2号車相模大塚ルート)

2017年10月 2日 (月)

二宮町コミュニティバス再編(2017.10.-2)

2017年10月2日(月)、二宮町コミュニティバスの再編実施。

経路は便により異なります。
・朝便:団地中央→山西小学校→かわわの家入口→吾妻神社前→二宮駅北口(1本)
・1・5便:二宮駅北口→吾妻神社前→かわわの家入口→山西小学校→団地中央→富士見が丘児童館→ラディアン→二宮駅北口
・2・6便:1・5便の逆回り
・3・7便:二宮駅北口→吾妻神社前→かわわの家入口→峠公園→団地中央→富士見が丘児童館→西公園→ラディアン→二宮駅北口
・8便・夕方便:3・7便の逆回り→吾妻神社前→かわわの家入口→山西小学校→団地中央

・運行日:平日のみ
・運賃:200円(中学生以下及び障がい者等半額)
 →割引手形あり(100円引き・200円引き(特定の町民限定)2種)

2017年4月 1日 (土)

試験運行路線の本格運行化まとめ(2017.-4.-1)

2017年4月1日(土)、これまで試験運行していた路線の内、次の路線を本格運行化。

1.海老名~寒川線(神奈中西・相鉄共同)
神奈中西便は海73系統、相鉄便は綾73系統として運行。
(毎日運行、平日10本/土休6本)
該当駅:海老名駅、寒川駅

2.相模原市大野北コミュニティバス(神奈中東)
平日のみの運行にて本格運行化。経路及び時刻は試験運行時代と変わらない。
(土休は廃止)
該当駅:淵野辺駅

3.た83系統(川崎市・東急共同)
運行日、経路、時刻はいずれも試験運行時代と変わらない(平日8本/土休12本)
該当駅:たまプラーザ駅、向ヶ丘遊園駅

2017年2月 1日 (水)

座間市ザマフレンド号再編(2017.-2.-1)

2017年2月1日(水)、座間市コミュニティバス「ザマフレンド号」は全路線で再編実施。

5路線共通…運賃を1乗車150円に変更(小児同額、未就学児は無料)、回数券あり

1.さがみ野コース
・東原コミュニティセンター折り返しからさがみ野駅まで延長(間に新設停留所なし)

2.小松原・相模が丘循環コース
・路線名を「(緑が丘経由)小松原・相模が丘循環右回りコース」に変更
・日産以遠の循環区間を次の通りに変更
 日産→県営カーサ相模台入口→消防北分署前→相模が丘小前→相武台跨線橋→座間郵便局前→相模が丘北→相模台→北地区文化センター前→小田急住宅入口→相模が丘→小松原入口(新設)→小松原コミュニティセンター→小松原保育園前→小松原(新設)→日産
・小松原1丁目、市民球場入口、幼稚園前(座間孝道幼稚園)、カーサ相模台前停留所は廃止

3.小田急相模原方面循環コース
・路線名を「(栗原小池経由)小松原・相模が丘循環右回りコース」に変更
・定員28名に増員(他の路線は現行通り10名)
・日産以遠の循環区間は2の逆回りに変更
・小池大橋停留所新設(市役所東~下小池間、他社一般路線の既設)

4.東原・ひばりヶ丘南コース
・芹沢公園に乗り入れ(東原小学校北から枝分かれ)
・東中前~ひばりヶ丘3丁目間、ひばりヶ丘5丁目経由にして次の通りに停車
 東中前~旭小学校前~ひばりヶ丘5丁目~工機入口~県公社東原団地前~ひばりヶ丘3丁目
・芹沢橋停留所新設(栗原小学校前~東原西間)

5.入谷循環コース
・路線名を「西部方面循環コース」に変更、両回り運行
・座間2丁目以遠(入谷方面座間市役所まで)を次の通りに変更
 座間2丁目~入谷駅西口~座間四ツ谷~コミュニティセンター入口~新田宿南~新田宿中央~西中学校前~中河原交差点~中宿~富士山公園前~座間総合病院~座間中学校前~座間市役所
・入谷駅東口は廃止

2016年12月19日 (月)

海老名市コミュニティバス経路変更(2016.12.19)

2016年12月19日(月)、海老名市コミュニティバスは大谷・杉久保ルートで経路変更。

内容:大谷公民館~向原間を海老名サービスエリア下り経由(東名高速を横断しサービスエリア下り線側で折り返す)に変更。
新設停留所:海老名サービスエリア下り

2016年11月 1日 (火)

綾瀬市コミュニティバス路線延長・経路変更(2016.11.-1)

2016年11月1日(火)、綾瀬市コミュニティバスはダイヤ改正で次の変更を実施。

・路線延長
4号車(上土棚北ルート)を中原公園折返しから長後駅西口まで延長
中原公園以遠の停車停留所:(中原公園、)上土棚自治会館前、上土棚郵便局南、上土棚中、蓮光寺北、熊野神社、奥田※、長後市民センター前※、長後駅西口
※:長後行きは降車専用、綾瀬市役所行きは乗車専用(途中停留所)…奥田以遠は藤沢市

・5路線共通の経路変更
市民文化センター前の綾瀬市役所行きを綾瀬文化会館の東側に移設(綾瀬厚生病院からは直進で停車)
※綾瀬市役所発各方面は現行通り

今改正より運賃が値上がりし、大人180円、小児等90円に変更。

2016年10月 1日 (土)

真鶴町一般路線の一部をコミュニティバス化(2016.10.-1)

2016年10月1日(土)より、真鶴町内で運行していた次の事業者路線をコミュニティバス(伊豆箱根バスに委託)に移管。

・真鶴駅~幼稚園前~中川一政美術館・ケープ真鶴(箱根登山・伊豆箱根共同)
・真鶴駅~岩(伊豆箱根運行)

移管後のコミュニティバスの運行形態は次の通り。(記載順に停車)
運行日…毎日、ただし年末年始(12月29日~1月3日)運休
運賃…200円(小児半額)、ICカード利用可

1.岩線
1-1.毎日運行
 (山まわり→、まちなかまわり←)真鶴駅、体育館駐車場入口、石田保育園前、西ノ入、橋ノ上、細山入口、大猿山配水池前、石名坂、町営住宅、岩、岩ふれあい館前、岩地区集会所前、岩海岸、朝倉医院前、町民センター、小田原百貨店、消防分署前、情報センター、真鶴駅
 平日3往復(日中)、土休4往復
1-2.平日運行
 真鶴駅~岩海岸~岩の区間便あり、さらに左記便には真鶴駅~朝倉医院前間に役場経由あり(真鶴駅、真鶴郵便局前、役場、朝倉医院の順)
 平日朝夕10往復、真鶴行き2本が町民センター経由以外は役場経由

2.真鶴線(毎日4往復)
 真鶴駅、真鶴郵便局前、役場、町民センター、小田原百貨店、消防分署前、情報センター、釈迦堂前(たけや寮前)、尻掛入口、ひなづる幼稚園、お花畑、大浜口、中川一政美術館


※コミュニティバス化に伴い廃止される停留所(真鶴町広報のコミュニティバス路線図から割り出し)
ケープ方面:城址公園入口、宮の上、高浦入口
岩方面:大窪海岸入口、うたい坂、学校上、会館前

※同様、名称変更(あるいは既存路線と同一箇所の)停留所(同上)
ケープ方面:大道商店街→「情報センター」、釈迦堂前→「釈迦堂前(たけや寮前)」、幼稚園前→「ひなづる幼稚園」、済度→「お花畑」
岩方面:土肥道→「朝倉医院前」、丸山→「小田原百貨店」、集会所前→「岩地区集会所前」、学校前→「岩ふれあい館前」

該当駅:真鶴駅

2016年3月26日 (土)

茅ケ崎市内で経路変更2か所(2016.-3.26)

2016年3月26日(土)、茅ケ崎市内で経路変更を実施。

1.茅81系統
鶴が台団地から松風台方面を現行は名店街入口(通らない)方面に戻る経路から北側の新道経由に変更。

2.えぼし号小和田松浪コース
辻堂駅西口ののりば位置を現行の浜竹方面からの辻堂駅行きのりばから線路沿いの道に移動。

該当駅:茅ヶ崎駅

より以前の記事一覧